歯Q&A

セラミック矯正と顎関節症の関係性

最近はデスクワークや姿勢の悪さ、ストレスなどが原因で顎関節症ななる方が増えています。

一説には2人に1人が顎関節症を経験することがあるとも言われ、噛み合わせの悪さだけでなく、無意識なかみしめのクセや事故などの衝撃、審美治療などの要素を含むセラミック矯正なども関係性が疑われる場合があります。

顎関節症は、肩こりや耳鳴りなどの他にも様々な病気の原因になる場合もあります。

口を開けると音がする、大きな口を開けると痛いなどの顎の症状が出てから一週間ほどしても症状が改善せず、慢性的な症状になる場合は早めの対処がすすめられています。

噛み合わせに関しては、口腔外科など専門家に見ていただいたほうが症状を悪化させずに済むことでしょう。

最近の記事

PAGE TOP